第三次産業に分類され非製造業全般を指す、サービスという形のないものを提供する仕事体験のことです。範囲は、電気・水道・ガスなどのインフラや、情報通信業、広告業、銀行業、不動産業、医療福祉業、小売業など多岐にわたります。レストランやコンビニなど直接客と接する接客業は、サービス業の一部と言えます。

TOP